上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨人族

巨人族なら、ぼくも知っている!
スポンサーサイト
10月21日、爆釣王、同心丸ジュニア、北密師匠、僕(マスオゲ)は、12丁目に立った。
「一番多くブラックバスを釣った奴が勝ち」、これが今日のルールだ。


「ドンタラ、結婚するって知ってました?」(爆釣王)
「どうりで、鮎釣りの話に出てこないはずだ」(マスオゲ)
「Mビン、ショックだろうなぁ〜。釣りに誘いにくくなるし」(北密)
「式は挙げないそうです。後でお祝いしましょうね」(爆釣王)
爆釣王専用輸送車内で新たな情報が入手できた。
今日の収穫はこれだけで十分だ。



7時40分、12丁目到着。
あいにく外は雨。
すでに車に乗って雨が上がるのを待っている人がいた。
「この雨止みますかね?」(北密)
「大丈夫ですよ。僕、もうボートも借りましたよ」(bb師匠)
この何気ない会話の後、僕と北密師匠は、彼に釣りの手ほどきを受けるのであった。
なぜなら、彼ばかりが釣れ、僕たちは全く釣れなかったから。
正直、1匹釣れるか釣れないかの厳しい戦いを覚悟していた。
「針はどんなの使ってるんですか? ワームはどんなの。?」(北密)
「こんなのですけど…。普段どんなの使ってるんですか?」(bb師匠)
「年に1回しかやらないんで、ほとんど素人です」(マスオゲ)
初心者を見ると百戦錬磨の玄人のように振る舞い、相手がプロと分かるとど素人に変身する。僕の得意技である。
ちなみに北密師匠も同じである。1970年生まれはこんなもんだ。

bb師匠
[bb師匠お世話になりました]


しかし、これがいい結果を生んだ。
すぐさま、立て続けに2匹のブラックバスをゲットした。
マスオゲッティー
[やったぜ!マスオゲ]

「何ーーーーっ おれボウズかよーーーーーっ」(北密)
昨年に続き師匠にプレッシャーを与えた。新しい時代の訪れを感じたのは僕だけだろうか?

「ヤングチームはどうだい?」(北密)
「釣れました。僕が1匹で、ジュニアが2匹」(爆釣王)
「………」(北密)
やはり新しい時代の訪れを感じる。

ヤングチーム[ジュニアの釣り上げたBBが本日一番の大物]


「おーーーーーしっ 釣れたですよーーーーーーッツ」(北密)
師匠はミノーを使っていた。スピナーも使った。
すでになりふり構わずの状態であった。あのいつも冷静な北密師匠がである。
時代は既に変わっているのか?

20121021_北密の笑顔
[笑顔を見せる北密師匠]

タイタニック号ちいせぇ~。
[タイタニック号が小さく見えるぜ!]

爆釣王の手にかかれば何でも小物[爆釣の手の上では尺越えのBBも小さく見えます。小さく見えます。]

12時終了。
結果、みんな6〜8匹ずつ釣って満腹になった。
「釣りは満腹だけど、お腹はペコペコなので、飯を食いに行こうーーーー!」(マスオゲ)
一行は、フードファイターおすすめの「銀鳥」に向かった。
僕は五目ワンタンと半チャーハンを、他のみんなはネギラーメンと半チャーハンを頼んだ。
量も多く、味も抜群で、心も体も大満足の一日でした。


帰り際、噂の◯曽部川に寄って、遡上しているサクラマス見学した。
凄くでかくて、興奮した。
専門誌でしか見たことのない、婚姻色100%の勇ましい姿のサクラマスが数十匹泳いでいた。
「釣りてーーーーーーっ!」(北密)
僕もそう思ったが、我慢した。大人だし。
でも、カッケーーーーーーーーっ!


今日はいい日だった。
しかし、いいことがあった次は、必ず悪いことが起こるのが世の常。
明日はみんな1日気をつけた方がいいぞ〜ぉ。

2012.10.15 御来光に合掌
早池峰山に登ってきました。
夜は寒かったですが、朝日がとてもきれいでした。
合掌 

御来光


いいことがあった後は、必ず悪いことが起こります。
しばらく気をつけます。

BB対決は、21日(日)に開催します。
場所は、12丁目劇場です。
帰りは何を食べましょう・・・。(グルメファイターに聞いておきます)
お花畑

お花畑を見てきました。

とてもきれいでした。

息はできませんでした。

大量の汗が流れました。

一瞬でこれまでの人生が走馬灯のように流れて行きました。

“走る”って、人生を振り返るにはもってこいの競技ですね。

でも、もう二度と振り返りたくはない。

前だけ向いて生きていこう、前だけ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。